スタッフブログ

2020年04月20日

綺麗な空気環境を目指して

当院ではこの度エアロクリーンという埋め込み式の医療用空気清浄機を7台全てのユニットに導入する事にしました。

エアロクリーンは花粉や粉塵はもちろん、0.01ミクロンという細かな汚染物質やウイルスも捕集してくれます。

当院では開院当初から滅菌、衛生管理を徹底し、更には除菌水を用いる事で妊婦さんや子供、お年寄りまで安心して通える医院づくりを心がけて来ましたが、今回の新型コロナウイルスによって、もう一度現在の状態を見直して、他に何か出来ることは無いかと考えました。

院長として大切な事は第一に一緒に働くスタッフが安心して仕事が出来る環境を作る事です。

そしてスタッフの安全がはかれて初めて患者さんに安心して来院していただける環境を提供出来るのではないか?と考えております。

内情を知っているスタッフが家族や友達を呼べる環境を作ることが必要だと考えています。

このエアロクリーンを導入する際、周りからは『今のままでもかなり滅菌には力をいれているから必要ないんじゃないか?』

『患者さんが減っている状況で新たに設備投資をするのはリスクがあるのではないか?』色々と否定的な意見もありましたが、何かあってから導入しておけば良かった。。と思いたくないのと、眼に見えない敵に対して最善を尽くすのは医療従事者として必要と考えて導入しました。GW明けには稼働出来るそうです。これからも不測の事態が起きた時には迅速な対応が出来るようにしておきたいと考えております。