スタッフブログ

2020年06月05日

マスクの下はどうなっていますか?

こんにちはにじいろ歯科の長濱です。

最近暑い日が続いて、外でマスクをしているだけで汗をかきますね。

今日は2点お話したいと思います。

1つはニュースでも取り上げられていますが、2歳未満の子供にマスクをした場合熱中症のリスクや心機能への負担が大きい事がわかり、2歳未満はマスクの着用を禁止しましょうという流れになっている事。

もう1つはマスクの下でちゃんと口は閉じていますか⁉︎という事です!

新型コロナウイルスの主な侵入経路は鼻と口です。鼻では鼻毛や繊毛でウイルスの侵入を防ぐ役割があり天然のマスクのような働きをします。

次に口はというと、成人で1日1〜1.5ℓ分泌されると言われている唾液によって口から入ってきたウイルスを胃に流し込み強烈な胃酸でウイルスから身を守る役割があります。

しかし口で呼吸していると唾液がでにくくなり口腔内は乾燥します。乾燥した湿度が低い環境下ではウイルスは一気に増殖します。

現にコロナウイルス感染者の46%に口腔内の乾燥を認めたと言う中国の発表もありました!

そして口腔内が乾燥する原因のもう一つの原因が口腔内の清掃不良と言われております。

こんな時だからこそ口腔ケアが大切なのです!