診療のご案内

 

小児歯科~こどもの矯正

歯科医院が、「小児歯科」と「一般歯科」を分けているのを不思議に思ったことはありませんか?
医科に「小児科」と「内科」があるように、歯医者さんにも子供用の歯科である「小児歯科」があります。

でも、どうして分ける必要があるのでしょうか?

大人:もう成長が終わっている現状をみて治療すればOK

子供:まだアゴなどの成長の余地がある先を見越した治療が必要

こんな理由があるのです。

にじいろ歯科クリニックでは、お子さんの成長を「見越して」将来どんな事が起こりうるか?をお父さんお母さんにお伝えしていきます。
まず、お子さんのお口を拝見し、ベストな選択をご提案していきます。
そのために、下記のように診察をすすめます。

知っておけば怖くない!
小児歯科の治療のすすめ方

STEP1 お口の中チェック!

STEP1 お口の中チェック!
まずは、レントゲン撮影をして埋まっている永久歯はどうなっているのか?など、目では見えないところまで状況をチェックします。
そして、お父さんお母さんとお子さんに状況をご説明いたします。
状況が分かれば、治療がスムース始められます。
まずは、「知るところ」からスタートです。

STEP2 治療を始めます

STEP2 治療を始めます
「どんな理由で?」と「どういう治療をするか?」が分かっていて、痛みがなければ、歯の治療はそんなに怖いことではありません。
何よりも、お子さんの気持ちを優先し、歯医者さんがイヤなところにならないよう治療を進めます。
「歯医者さんが好き!」になればそれは、お子さんにとって一生の財産になります。

STEP3 治療が終わりました

STEP3 治療が終わりました
よくがんばりました!
いっぱいいっぱい褒めてあげてください。
「褒められて嬉しかった!」という経験が「予防歯科」という次のステップにつながります。

STEP4 歯をピカピカツルツルにするために歯医者さんに来ます(予防歯科)

STEP4 歯をピカピカツルツルにするために歯医者さんに来ます(予防歯科)
さあ、今度は歯医者さんが歯をツルツルピカピカにする場所に早変わりです!
子供のころに定期的に歯医者さんに通う習慣がつけば、大人になっても予防のための歯医者さん通いが続けられます。
歯・口の健康は、全身の健康維持に直結します。
(最近の研究では、歯周病は心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病をはじめとした全身疾患と深い関係があるということがわかっています)
大人になっても、おじいちゃんおばあちゃんになっても、歯が健康で楽しい食生活ができたら、それはお父さんお母さんからの「最高のプレゼント」になるのでは?
また、お子さんが楽しく通えるよう、当院でも工夫を凝らしていきます。

予防歯科って何?

さあ、今度は歯医者さんが歯をツルツルピカピカにする場所に早変わりです!
子供のころに定期的に歯医者さんに通う習慣がつけば、大人になっても予防のための歯医者さん通いが続けられます。
歯・口の健康は、全身の健康維持に直結します。
(最近の研究では、歯周病は心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病をはじめとした全身疾患と深い関係があるということがわかっています)
大人になっても、おじいちゃんおばあちゃんになっても、歯が健康で楽しい食生活ができたら、それはお父さんお母さんからの「最高のプレゼント」になるのでは?
また、お子さんが楽しく通えるよう、当院でも工夫を凝らしていきます。

1 フッ素塗布

さあ、今度は歯医者さんが歯をツルツルピカピカにする場所に早変わりです!
子供のころに定期的に歯医者さんに通う習慣がつけば、大人になっても予防のための歯医者さん通いが続けられます。
歯・口の健康は、全身の健康維持に直結します。
(最近の研究では、歯周病は心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病をはじめとした全身疾患と深い関係があるということがわかっています)
大人になっても、おじいちゃんおばあちゃんになっても、歯が健康で楽しい食生活ができたら、それはお父さんお母さんからの「最高のプレゼント」になるのでは?
また、お子さんが楽しく通えるよう、当院でも工夫を凝らしていきます。

2 シーラント

奥歯は前歯と比較して溝が深いため、どうしても磨き残しが多くなる場所です。
なので、先に溝を埋めて磨き残しをしよう!というのがこの「シーラント」です。
歯科治療の際に使う「レジン」という白い材料を使うので、見た目もキレイで歯に負担がかかることはありませんので大丈夫です。

3 「虫歯にならない食生活ってどうしたらいいか?」を一緒に学び、考えます

どうして、歯にとって甘いものがNGなのでしょうか?
どうして、よく噛んで食べなくちゃいけないのでしょうか?

「やってはいけない事」ばかり言われても、合点がいかなければ長続きしません。
理由を知ることで納得し、お父さんお母さんも、さらにはお子さんも歯の健康について、ひいては全身の健康について気に留めるようになります。
とはいえ、それぞれのおうちの環境があり、一概に「こうだ」という事は言えません。
ですので、私たちと一緒に相談しながら、治療方法・予防方法を考えていきましょう。
食生活についての知って頂きたい事の一部をご紹介します。

さらに、当院ではお子様の食事に関する「困った」「わからない」に、管理栄養士がお答えしています。
お気軽にご質問くださいませ。
⇒管理栄養士 安藤志保子のインタビューはこちら

1. なんでダラダラ食べはNGなの?

実は、料理人や調理従事者には虫歯が多いのです。

どうしてでしょうか?
料理を作ったら、味見をします。
なので、始終口の中に物が入っています。
口の中にいつも食べ物があると、口の中が「酸性」のままになります。
「酸性」の時間が長いと、歯は溶け出します。
実は、口の中は通常「中性」です。
唾液(だえき)が「酸」を中和することで、「中性」に戻るのです。
唾液って、すごいのです!
ぜひ「口の中に何もない時間」を作って、唾液の活躍する時間を作ってあげてください。

2. 何で甘い物がNGなの?

甘い物がNGな理由は、同じく口の中を「酸性」にするからです。
先ほども申し上げたように、「酸」は「歯」を溶かします。
だからといって、全然食べてはいけない訳ではないのです。
「量」と「時間」を決めて食べればOKなのです。
「なら、どれ位なら、いつならOKなの?」
ぜひ、私たちにご質問ください。
年齢や環境に合った、甘い物の食べ方を一緒に考えましょう。

3. 何で良く噛んで食べないといけないの?

噛む回数が増えることで、口の中を中性にする「唾液」がイッパイ出ます。
「唾液」は、「よだれ」として汚いものとして捉えられがちですが、実は多くの作用があるのです!
口の中をキレイにする・免疫力を保つ・消化を助ける・飲み込みやすくする等々いろいろな役割を担っています。
そんな唾液を、良く噛んでいっぱい分泌してあげることが、全身にとって良い事につながるのです。

こどもの矯正について

こどもの矯正について
「先を見越した」診断をした上で、矯正治療が必要な場合もあります。
その診断の際に力を発揮するのが「セファロ」レントゲン撮影機です。

「セファロ」レントゲン撮影機とは、どんなものでしょうか?
これは、矯正歯科用のレントゲンで、矯正専門の歯科医院や、矯正に力を入れている歯科医院にしかありません。
正面からだけではなく、横の顔貌(がんぼう)のレントゲン写真をとれるのが、このレントゲンの大きな特徴です。
このようなレントゲンが撮れ、矯正歯科の診断ではとても大事です。

こどもの矯正について
こどもの矯正について
撮影したレントゲンを元に、これから起こりうる事についてご説明致します。

具体的な矯正の方法は、お子さんによって違います。
100人いたら100通りです。
また、お子さんの歯並びの事で気になることがあったら「気になった時」が「相談のタイミング」です。
「あの時に相談しておけばよかった・・」という事のないように、ご相談だけでもにじいろ歯科クリニックにしていただけると幸いです。

どうして歯の矯正が必要なの?

「見た目だけの問題なら、別に高い費用を掛けて矯正しなくてもいいんじゃない?」
そう思われているお父さんお母さんもいらっしゃるのでは?

実は、歯並びが悪い事で困るのは、見た目だけではありません。具体的には下記のような事が起こるのです。

1. 歯並びが悪いと、どうしても磨き残しが多くなりがちで、虫歯や歯周病のリスクが上がります

2. 良く噛めない(噛み砕けないまま飲み込む)と、胃腸に負担がかかります

3. 噛み合わせが悪いことで、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります

4. しゃべり方がおかしくなる場合もあります

歯並びが悪いことで
「人前で話すのがいやだ」
「内気になる」
人の目線が気になり、口に手を当てて話すなど精神発育にも大きな影響を与えます。

小児期は顎(あご)の成長が望める時期ですので、顎の骨の成長を促進させ、歯を抜かずに並べられる可能性があります。
成人矯正では、顎の成長が期待できないので、歯を抜いてスペースを確保してから正常な位置に並べることが多いです。

矯正歯科のことは、分からなくて当たり前です。
分からないことが分かるだけでもスッキリすると思います。
お子さんの歯をずっと大切にしたいと思っているにじいろ歯科クリニックまで、気になることがあったらお気軽にご相談ください。