診療のご案内

 

痛くない虫歯治療

「最近、歯が痛くて、鏡で見てみたらなんだか黒ずんでいる・・。」
歯医者さんに行かなくちゃならない状況だとわかります。
が、なかなか足が向かない。
実は、そんな大人が本当に多いのです。
「歯科恐怖症」という症状があるくらい、今の大人が子供だった頃、歯医者さんは「痛くて怖い場所」だったのです。
でも、今は違います。
痛みをこらえながら、治療を受ける場所ではありません。

にじいろ歯科クリニックは、痛くない治療に細心の注意を払います。
では、どのような方法で治療するのでしょうか?

痛くない虫歯治療って?

どんな方法をとれば「痛くない虫歯治療」が出来るのでしょうか?
「どのような治療をするのか?」を知れば、恐怖心が少なくなります。

痛くない虫歯治療の手順

STEP1 表面麻酔

STEP1 表面麻酔
麻酔は痛みを感じないためにしますが、そもそも麻酔の注射自体が痛いのでは?
大丈夫です。
歯ぐきの表面に麻酔薬を塗ることで、注射針の痛みを感じずらくなります。

STEP2 麻酔を温める

歯ぐきの表面が麻酔で痛みを感じなくなっても、注射は表面だけでなく、歯ぐき内部に注射針は達します。
では、そこの痛みを軽減するにはどうしたらいいのでしょうか?
秘密は注射の中の麻酔薬の「温度」にあります。
体温に近い37度に暖めることで、注射の痛みを感じずらくなります。

STEP3 細い注射針を使う

STEP3 表面麻酔
採血の際「こんなに太い注射針なの?」とびっくりしたことはありませんか?
確かに予防接種より太い注射針を使います。
では、歯科の麻酔の時の注射針はどんな太さなのでしょうか?
最新の細い注射針を使用するので、さらに違和感は減ります。
にじいろ歯科クリニックでは、歯科で一番細い針を使用しております。(針先太さ1.8mm、34G)

STEP4 電動の麻酔注射器を使う

STEP4 電動の麻酔注射器を使う
注射を打つ際に圧力を調整すると、その痛みは軽減します。
その痛くない「さじ加減」が電動の麻酔注射器にはインプットされています。

これだけ「痛くない」のための手段があるのです。
これを知るだけでも、安心しますし、虫歯治療のハードルが下がります。

やはり虫歯の治療は、早い段階であればあるほど治療する事が少なくてすみます。
「痛くない、怖くない虫歯治療」をにじいろ歯科クリニックでは行いますので、安心してご来院くださいませ。

そもそも、どうして「虫歯」って
できるの?

「あんまり歯磨きしないけど、虫歯にならないんだよね」
「一生懸命歯磨きしているのに、どうして僕だけ虫歯になるんだろう・・」

虫歯に対しての経験は、人それぞれだと思います。でも、確かに「虫歯になりやすい人」と「なりにくい人」が世の中には存在します。
では、その違いは一体何なのでしょうか?

その差は、1歳半~2歳半の生活環境が大きく関係します。

虫歯は「先天的」なものではありません。

「後天的」なものなのです。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には「虫歯菌」の存在はありません。
また、歯が生えてくるまでは、虫歯菌は住む場所がなく存在できません。
歯が生え始めたころ(1歳半~2歳半)が、そのターニングポイントになります。
まわりの大人達(特に、お父さんお母さん)から「虫歯菌」をもらってしまい、且つ、その虫歯菌が住みやすい環境が整っていると、「虫歯菌」がお口の中に住み着き、虫歯になりやすくなります。
そのタイミングで住み着かなければ、虫歯になりにくい細菌叢(さいきんそう:お口の中の菌の環境)が形成され、虫歯と縁のない人生になるのです。

イラスト

その差が、「虫歯になりやすい人」と「なりにくい人」なのです。
そのことはまだまだ知られていません。
1歳半~2歳半の期間を「感染の窓」と呼びます。

その差がなりやすい人、なりにくい人なのです。
お子さんの為にも、お父さんお母さんの虫歯治療が大切です。

虫歯菌の正体は?!

虫歯の菌の正体は「ミュータンス菌」と「ラクトバチラス菌」です。
これらの菌が原因なのです。(菌がいなければ、虫歯にもならないということです)
「ミュータンス菌」は糖分が大好物です。
歯は「ミュータンス菌」が作り出した「酸」によって溶け、それが虫歯になるのです。
また、虫歯は「感染症」なので、残念ながら放置しておいても治りません。
マメ知識: 「C1」とか「C2」ってどういうこと?
子供のころ、歯科検診でもらったお便りに「C1」とあっても、一体どういう意味なんだろう?と思ったことがありませんか?
分からない事を少しでも減らすことが、歯医者さんのハードルを下げることに繋がります。
それぞれの意味をご紹介します。

CO

C0
「CO」は、「虫歯の初期段階」です。
この段階では、痛みは感じません。
歯の一番表面の「エナメル質」には神経がないからです。
ちなみに、COの「O」は「ゼロ」ではなく、「Observation(観察))の頭文字の「O」です。
●治療方法
歯の再石灰化を薬で促し、虫歯の進行を抑えます。
歯を削らずに経過観察とし、フッ素を塗ったり歯磨きの方法を丁寧にするようにします。

C1

C1
「C1」は、エナメル質が溶け、黒い穴が小さく空いている段階です。
この段階なら薬などの処置で進行を止めたり、治療をしていたとしても最小限ですむため麻酔なしでも痛みは感じない程度の治療で済みます。
●治療方法
虫歯部分を削り、削ったところに「レジン」という白い樹脂を詰めて光を当てて接着します。
治療は1回で終わります。

C2

C2
「C2」は、エナメル質の下の「象牙質」まで虫歯が進んでいる状態です。
神経に近い部分なので、冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりすると歯がしみたり、痛みを感じたりします。
●治療方法
C1と同じように、虫歯部分を削り樹脂を詰めます。
C1と違うのは、虫歯部の取り残しがあっては困りますので、痛くない虫歯治療のために麻酔する必要があるということです。
麻酔は「表面麻酔」をし、「体温に温めた注射液」や「電動注射器」を用います。
ですので、痛みはあまり感じません。
削った部分を「型取り」をして、「詰め物」を作り、接着するケースもあります。
その場合は、詰め物を技工士さんが作りますので、すぐには出来ません。
最低2回の通院が必要です。

C3

C3
「C3」は、歯の神経(歯髄)まで虫歯が達し「大きな穴」が空いている状態です。
食べたり飲んだりする時に痛みを感じ、そのうちズキズキと断続的に痛むようになり、温かいものでも歯が痛むようになります。
ところがある時、痛みを感じなくなります。
それは、虫歯が治ったのではなく「歯の神経が死んでしまった」ことを意味します。
痛みは再度訪れます。
神経が腐り、細菌が歯の根の先まで入りこむと、もっと痛むことになります。
●治療方法
神経を取り除き、「被せ物」をします。
治療には、複数回通う必要があります。
膿(うみ)がある場合、歯の神経(根)の治療(根管治療:こんかんちりょう)が必要です。
複雑な治療ですので、治療回数も時間も多くかかります。
(当院で承れます→【歯の根の治療 専門医います】

歯の根の治療になった場合は、最初が肝心です。
大変かもしれませんが、最初に丁寧な治療をすれば、再発率は圧倒的に下がります。
何回も治療すると、何しろ痛みますし、治療回数も増えます。
大変かと思いますが、がんばって治療しましょう。

C4

C4
「C4」は、歯の根元しか残っていない状態です。
●治療方法
一般的には「抜歯」になります。
歯を失った後の治療は、入れ歯・インプラント・ブリッジ・歯の移植のいずれかになります。

それぞれの治療は、下記ページをご覧くださいませ。
インプラントについては「インプラント」のページを
入れ歯に関しては「料金表」のページを
ブリッジに関しては「ブリッジについて」をご覧くださいませ。
歯の移植については「歯の移植」のページを

⇒インプラントについて
⇒入れ歯について
⇒ブリッジについて

ブリッジの治療方法

ブリッジの治療方法

「ブリッジ」とは、失った歯の両脇の歯を削り、土台を作って人工の歯を入れる治療方法です。
「橋を架ける」ように治療するので「ブリッジ」と呼ばれています。
保険のきく治療ですが、健康な歯を削らないとできないというデメリットがあります。