スタッフブログ

2020年02月25日

今年も全ユニット水質検査を行いました

こんばんは!にじいろ歯科クリニック院長の長濱です。今年も水質検査を依頼して歯科治療水安全施設の認定を更新しました!!

歯科治療水が安全?

普通の水は安全じゃないの?と思う方もいらっしゃいますよね!当院では毎朝治療が始まる前に、水道水を全て抜き、治療水に切り替えます。

普通の水道水は1ccあたり雑菌の数が100以下で有ればOKなんです!100以下?90匹位雑菌がいてもいいの?

水道法ではOKなんですね。

子供がいるご家庭ならどうですか?水道水そのまま子供に飲ませます?飲ませませんよね?

飲まないにしても、そのまま口入れるのはどうなんだろう?

僕は嫌ですね。子供達にも安全な水で治療して欲しい。ですからスタッフに協力してもらい、毎日診療が終わったら水道水を流し、翌日診療が始まる前に治療水に切り替えます。開業以来毎日毎日この作業は繰り返しています。

それに何の意味があるか?

先ず抜歯などの観血的処置(血が出る処置)での腫れが激減しました。これは本当に驚きます。

腫れや痛みの軽減には効果的です。

そして抜歯後の洗浄にもユニットから出る水を使うことがあります。大丈夫?消毒液じゃないの?って思う方もいると思いますが、水質検査でユニットからでる水は雑菌が0であると証明されています(100以下じゃなく0です)ので安心して使えます。

毎月の水道代も結構かかりますが、それよりも患者さんの安全や、大切なお子様の治療に、安全な水を使う方が有益で有ると考えております。

以前勤務させていただいていた歯科医院で僕が感銘を受けた言葉があります。

理事長先生は、コンビニより多い歯科医院の中で成功する歯医者は『患者さんの為に、良いと思った事をいかに実現出来るかどうかだ』と教えてくれました。『やった方がいいのは皆分かってるけど、なかなかそれが出来ないんだ』とおっしゃっていました。

そして自分が患者ならどんな歯科医院に行きたいか?どんな事をして欲しいかを開業前に必死で考えました。

高い技術力は大学病院と連携を取り、専門医を集める事で補い、子育て中の親でも安心して通えるよう、保育士や管理栄養士さんにお手伝いいただき、治療に使う器具や水はしっかりとした滅菌を行う事で対応しております。また、支払いに関しては保険診療であってもカード決済が可能になっております。そして、歯科治療で一番嫌がられる痛みに関しては2020年に発売された最細の麻酔針を使用する事で、少しでも患者さんの痛みを軽減するように心掛けております。

もちろんそれでも全ての人が当院のファンになってくれる訳では有りません。ですから、日々の診療をただ何となくこなすのではなく、常にワンランク上の治療、説明が出来るようになるにはどうしたらいいかをドクタースタッフ共に常に考え邁進して行きたいと思っております。

おかげさまで毎日かなりの数の患者さんに来ていただけるようになりましたが、予約が取りづらくなって来ております。4月から新しいスタッフを迎えまたスムーズなアポイントに戻せると思います。色々融通が利かずご迷惑をおかけしておりますが、今後とも宜しくお願い申し上げます。