歯の移植・親知らずが痛い(口腔外科)

歯の移植・親知らずが痛い(口腔外科)

こんなことでお悩みの方へ

  • 親知らずが痛い
  • 歯の移植ができるのはどんなとき?
  • 親知らずが変な方向に向かって生えている
  • 自分の歯を極力残したい
  • 歯の移植って?
  • 親知らずは抜いたほうがよい?
「あまり聞きなれない「歯の移植」。
同じ条件が揃えば可能です。
ただし、精密な検査が必要です。
方法や費用等など、詳しくはにじいろ歯科クリニックまでお尋ねください。

歯科医師 長濱 文雄 (ながはま ふみお)

歯の移植に関しては、下記インタビューをご覧ください。
元 日本大学松戸歯学部 
再生歯科治療学講座教授: 長濱 文雄 インタビュー
歯科医師
長濱 文雄 (ながはま ふみお)
歯の移植って?
歯の移植とは、虫歯や歯周病などで歯を失った部分に、違う歯を差し入れる方法のことです。ほとんどは自分の歯を利用するため、生体に優しく、自然な歯の機能を活かすことができます。

歯の移植って?

治療には何を使うの?
歯の移植は、とても精密な治療です。マイクロスコープ(顕微鏡)を使って治療します

治療には何を使うの?

親知らずについて

「親知らず」は「18歳臼歯」ともいわれ、18~20歳に生えてきます。
お口の一番奥にある「親知らず」は、ブラッシングが行き届かず虫歯や歯周病になりやすいのです。
また、現代人は食生活の変化から、アゴ自体が小さいので「親知らず」がまっすぐ生えてこないケースが多いのです。
にじいろ歯科クリニックでは、患者さんのお口を拝見して総合的に判断します。
また、親知らずをとっておいて、抜けた歯のところに移植をする可能性があれば残しておくケースもありますので、一度ご相談くださいませ。

親知らずについて

親知らずのQ&A

親知らずは抜いた方がいい?
お口の状態や年齢によって状況は違います。ご相談いただくのが一番ですが、大まかな判断材料はというと・・
抜かなくていい
痛みがなく、まっすぐ生え、歯ぐきに被っていなく、噛み合っている場合
抜いたほうがいい
噛み合う歯がない場合・親知らずの前の歯が虫歯になりやすい場合・痛い場合

親知らずは抜いた方がいい?

親知らずを抜くタイミングは?
腫れる事があるので、時間的・精神的に余裕のある時、重要な予定がない時が好ましいです。
どれくらい腫れますか?
抜歯後は、しばらく出血することもあります。
抜歯した後が「かさぶた」になるまで血が出やすいので、飲酒や運動、長い時間入浴などは控えてください。
腫れは、体の刺激に対する正常な反応で、抜歯後2日くらいで収まります。
痛みは1日~3日間続くこともありますが、「あまり痛くなかった」という方もいます。
「痛み止め」のお薬も処方もしますので大丈夫です。